中日平田、カープ菊池と合同自主トレ「年下ですけどリスペクト」

中日平田、カープ菊池と合同自主トレ「年下ですけどリスペクト」

菊池涼介平田良介
https://www.instagram.com/p/BVO0Z9GhotU/?hl=ja

中日・平田 広島・菊池と合同トレ「聞きたいことがだいぶ…

 中日の平田が1月中旬に広島・菊池と静岡市内で合同自主トレを行うことになった。両選手は昨年3月に行われた第4回WBCで侍ジャパンのメンバーとしてプレーするなど親交が深く、平田が「一緒にできないかと」とラブコールを送り、実現する運びとなった。

 「キク(菊池)は人の体の動きを見るのがとてもうまいんですよ。僕自身も聞きたいことがだいぶ、たまっています」

 菊池は高い身体能力を武器に13年から5年連続でゴールデン・グラブ賞を受賞し、WBCでも好守を連発。同じ国際舞台を経験したからこそ、平田は名手の動きだけでなく鋭い洞察力にも感銘を受けた。「(2学年)年下ですけど、かなりリスペクトしています」と尊敬のまなざしを向ける。

 昨季は6月に右膝を痛め、出場66試合止まり。平田にとって悔しいシーズンとなった。今季はアルモンテ、モーヤ両外野手の加入により定位置は保証されていない。名手との合同自主トレをきっかけにもう一度、レギュラーの座を取り戻す。

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/01/03/kiji/20180102s00001173142000c.html

・菊池にはぜひ痩せた方がいいと言ってもらいたい
実際菊池は細いのにパワーもあるし

続きを読む

記事引用元
中日平田、カープ菊池と合同自主トレ「年下ですけどリスペクト」



會澤翼「戦国時代ストレスなんて言葉はない」広島カープの“言葉の力”

會澤翼戦国時代ストレス
https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/09/06/0010530707.shtml

「戦国時代ストレスなんて言葉はない」広島言葉の力

<言葉の力:広島>

 広島は79、80年以来37年ぶりにセ・リーグ連覇を達成した。胃がんを公表し、グラウンドに戻ってきた赤松の存在がナインを鼓舞。チーム最年長40歳の新井を中心に一丸となって戦った。担当記者の印象に残った言葉は…。

▽緒方監督「一番邪魔なものは情なんよ」(大きな補強のないまま迎えた今季。チーム全体の底上げを目指し、競争を激化させた指揮官。心根の優しさを欠くし、ときに冷酷な判断に徹したことを表す一言だった=池本泰尚)

▽赤松「34歳で胃がんでしょ。死んでても不思議じゃない。でもそこで俺を死なせなかったというのは、何かあると思うから。もう、自分のために野球をするわけじゃない」(前例のない胃がんからの復帰を目指す中で出た一言。ただならぬ使命感を背負い、グラウンドを目指す=池本泰尚)

▽鈴木「神様が変われるチャンスをくれた」(11月、シーズン終盤に右足首の負傷で長期離脱も、自分自身と向き合う貴重な時間になったと感謝した。来季、変化した姿が楽しみだ=前原淳)

▽会沢「ストレスは現代人がつくった都合のいい言葉。戦国時代にストレスなんて言葉はない。そんなヤツはすぐに斬られる。生きるか、死ぬか。その世界にストレスは関係ない」(主戦捕手としてマスクをかぶり、批判、重圧をはねのけた。真っ向から立ち向かう意気込みを感じた=池本泰尚)

(全文はリンク先)

・この「広島言葉力」がチームの団結力となった

続きを読む

記事引用元
會澤翼「戦国時代ストレスなんて言葉はない」広島カープの“言葉の力”



【広島カープ】主力選手契約更改西川・松山・鈴木選手一発サイン



・・・続きはこちら⇒【広島カープ】主力選手契約更改西川・松山・鈴木選手一発サイン

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
【広島】新外国人投手ブレイシアを獲得
noimage
noimage
実際広島ファンは長野獲得をどう思ってるんや?
noimage
noimage
カープ松山竜平、1200万増の年俸4000万円で契約更改!「正直ここまでアップするとは…」増額に驚き
noimage
noimage
noimage
カープ中崎翔太、将来的には先発挑戦!筋肉量UPで肉体改造
noimage
広島ジャクソンが8回抑えた時の笑顔の理由wwwww
カープ、チャーター機で広島空港に帰還。カープファンは「このままでは終われない」の応援ボードで出迎え

Menu

HOME

TOP