カープ中村奨成「彼女はいません!」広陵の野球教室で小学生から質問される

カープ中村奨成「彼女はいません!」広陵の野球教室で小学生から質問される

中村奨成彼女

【広島】ドラ1中村奨、小学生からズドン剛速球「彼女いますか?」

 広島のドラフト1位・中村奨成捕手(18)=広陵高=が29日、母校で行われた野球教室に参加した。2014年8月に広島市で豪雨による大規模な土砂災害が起こったことを受け、同校のOB会が企画したことがきっかけ。今年で4度目の開催となった。

 約300人の小学生の前で、中村奨はトスバッティングを披露。鋭いスイングを目の当たりにした参加者たちからは「奨成すげー」と驚きの声が上がった。小学生からの質問タイムでは「肩が強くなるにはどうしたら良いですか」など野球の質問から「彼女はいますか?」といった“剛速球”も。怪物捕手は苦笑いを浮かべながらも「いません!」と答えていた。

http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171229-OHT1T50116.html

・とうとう憧れの小林とご対面か!
2人がどんな話をしたのかも記事にして欲しい。

続きを読む

記事引用元
カープ中村奨成「彼女はいません!」広陵の野球教室で小学生から質問される



カープ今井啓介『鍼灸師』で再出発!ケガの苦しみ知るからこそ

2012070709270000
20171228-00082490-nksports-000-3-view

広島今井、ケガの苦しみ知るからこそ鍼灸師で再出発

野球界から去る覚悟を決めた。広島から戦力外通告を受けた今井は、トライアウトを受けなかった。球団からのスタッフとしての打診も断った。「すごく感謝しています。ただ、これをやりたいという気持ちが強かった」。東京に拠点を置き、鍼灸(しんきゅう)師を目指すことを決断。まずは専門学校に通い、資格取得を目指すことになる。

 現役に未練はなかった。「昨年1軍に上がれず、今年は後悔したくないという思いがあった。ここで必要とされなかったらユニホームを脱ごうと考えながら過ごした」。今季4試合の登板で防御率5・40。覚悟はできていた。

 05年に高校生ドラフト2巡目指名で広島に入団した。投球フォームが似ていることから「黒田2世」と呼ばれた。4年目の09年にプロ初登板と初勝利を記録するなど、順調にステップアップ。だが、行く手をケガが阻んだ。10年春季キャンプは右肘違和感で離脱。11年もオープン戦期間中に左肋間(ろっかん)筋挫傷で戦列を離れるなど、出遅れを余儀なくされた。12年にプロ初完封勝利を挙げるなど4勝を挙げながら、13年は左膝を痛めて春季キャンプを離脱。さらに右手薬指骨折で復帰が遅れた。実は今季も右肘の違和感を抱えながらプレーしていた。腕を下げスリークオーターにして何とか1軍昇格は勝ち取ったが、結果を残すことはできなかった。

 第2の人生はプロで味わってきた苦しみを癒やす立場を選んだ。「これまで治療を受けていた立場。それを生かすことを考えたときに、興味があった」。生まれ育った街でも、プロを過ごした街でもない新天地で新たな1歩を踏み出す。ケガと向き合ってきたからこそ、できることもあるはずだ。【広島担当 前原淳】

・今井と言えば甲子園で「1-0」の完封勝利。
いつか鍼灸師としてカープと関わってほしいね。


続きを読む

記事引用元
カープ今井啓介『鍼灸師』で再出発!ケガの苦しみ知るからこそ



【広島カープ】大瀬良・今村投手&新井選手契約更改”赤尽くし”



契約更改でもカピパラリレー
来年の試合でもカピパラリレー数多く
見てみたいものです・・・続きはこちら⇒【広島カープ】大瀬良・今村投手&新井選手契約更改”赤尽くし”

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
他県民には通じない広島弁で打線組んだwwww
カープ新井貴浩に中日が引退セレモニー開催!大島洋平から花束贈呈(駒澤大後輩)
noimage
【広島】護摩行した後の選手【新井石原堂林會澤】
広島カープ、ブロードウェイ獲得失敗→ジャクソン獲得に変更していた
noimage
マエケン“10人旅”で雨上がり決死隊らと伊豆・熱海・伊東を旅行「(黒田のように)日本で現役を終えたい気持ちもある」
カープ堂林、来季も“背水の陣宣言”「毎年が勝負『来年こそは』という感じ」
noimage
【悲報】広島庄司さん、一軍に入る隙がない
2016年三井ゴールデングラブ賞発表!
新井さんと大谷翔平どっちが贔屓球団に欲しい?
カープ鈴木誠也『サヨナラホームランTシャツ』5100枚限定発売!裏面でスタッフが謝罪「いいフレーズを思いつきませんでした」
noimage

Menu

HOME

TOP