カープ菊池涼介が語った“侍J戦士”打撃不振の根本原因

カープ菊池涼介が語った“侍J戦士”打撃不振の根本原因

菊池涼介ジャンピングスロー
http://www.carp.co.jp/

広島・菊池涼介が語った“侍J戦士”打撃不振の根本原因

「僕は初めてWBCを経験させてもらった立場ですけど、気持ちの切り替えは難しかったですよ。本当に。当初の成績はもう、見ての通りの結果でしたし」

たしかに開幕から9試合の成績は打率.189、0本塁打、2打点。昨季、最多安打(181)のタイトルを獲得した選手とは思えないほど低調だった。

「でも開幕したらそんなことは言ってられない。とにかくチームのためにできることはないかと毎日思いながら、打てないなりに進塁打を打とうとか、そうやって切り替えていこうと。11日の巨人戦で5安打というのがあって、結果的に楽になれた自分もいたので今がありますけど、あの5安打がなかったら絶対苦しんでいますよ」

(全文はリンク先)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/204117

497: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/04/23(日) 07:27:10.06 ID:bbb3TU+/0
※WBC出場組成績 (一部追加)
WBC拒否組 
大谷 大怪我で離脱 
中島 大低迷     19試合 64-10 .156 

WBC選出組 
中田 怪我で離脱 
松田 低迷     19試合 74-15 .203 0HR 
内川 大活躍     19試合 67-23 .343 5HR  
山田 低迷     18試合 64-14 .219 2HR 
筒香 低迷     19試合 66-17 .258 0HR

カープの田中菊池誠也はよくやっているかなと

 

http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livebase/1492869010/ 続きを読む

記事引用元
カープ菊池涼介が語った“侍J戦士”打撃不振の根本原因



“生涯赤ヘル”の東出輝裕が、カープV2打線の立役者!カープ暗黒時代の苦労人が、コーチとして花咲かせる

(前略)『すごい!広島カープ 蘇る赤ヘル』などの著書があるノンフィクション作家・赤坂英一氏は「新潮45」5月号掲載の記事でこう綴る。 ※〈〉は本文より引用

〈中心選手の新井(貴浩)、優勝を機に引退した黒田博樹ばかりが注目されている最近のカープだが、実はチーム打率が前年(2015年)セ・リーグ5位の2割4分6厘から12球団一の2割7分2厘まで上昇したことを見逃してはならない。ここまで打線全体をレベルアップさせた功労者のひとりが、一軍打撃コーチ“1年生”の東出(輝裕)だった〉(中略)

■万年Bクラスの生涯赤ヘル人生

東出といえば、長年のカープファンにとっては忘れられない存在だろう。

1998年のドラフト会議で、カープは二岡智宏を1位指名する予定でいた。ところが、二岡は逆指名制度を使って巨人に入団を決めてしまう。そこで急遽1位指名されたのが東出だ。

小柄ながら俊足巧打の東出は1年目から一軍で活躍し、翌年にはレギュラーに定着。以後、故障するまで14年ものあいだ主にセカンドとしてレギュラーを守り、日本代表にも選ばれた。しかしその14年間、カープは、優勝はおろかAクラスにさえ一度も入っていない。

江藤智が、金本知憲が、新井貴浩が、次々とFA宣言をして優勝を狙えるチームに移籍していくのを横目に、少年時代巨人ファンだった東出は、カープ一筋で現役を終えた。(中略)

〈正直、悔しくなかったか。野球人ならせめて、選手でいるうちに優勝したいとは思わなかったか。昨年9月10日、東京ドームで読売ジャイアンツに勝ち、打撃コーチとして優勝の瞬間を迎えたとき、何を感じていたのか。私の問いに、東出はこちらの目を真っ直ぐ見て答えた。「うれしかったですよ。本当にうれしかった。あの喜びは、選手のときより大きかったんじゃないかな」

2015年、石井琢朗打撃コーチの希望もあり、現役引退した東出は一軍打撃コーチに就任。
打撃練習を抜本的に見直し、かつてないほど激しい練習メニューを組んだことで、四半世紀ぶりに広島カープはセ・リーグの覇者となった。

■伝え育てるカープ式指導法の申し子

コーチとして優勝の喜びを噛み締める東出には、重要な役割が与えられていた。
昨年「神ってる」と話題をかっさらった鈴木誠也もしかり、大型補強をしないカープでは若い選手を育てなければいけない。

緒方監督(48)や石井琢朗コーチ(46)の言葉を若い選手にもわかるように噛み砕いて伝える、いわば通訳のような役割を36歳の東出が担っているのだという。(中略)

「今年は安部、堂林がグッと伸びてますよ。若いといっても、安部が10年目、堂林が8年目で、高卒でプロ入りしてから相当な年数が経ってますけどね。他球団ならトレードに出されるか、クビになってもおかしくない。そういう時期にさしかかっても、ウチではみんなが頑張れ頑張れって、辛抱強く育てようとする。カープってそういうチームなんですよ」〉(後略)

(全文はリンク先)
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/04201500/?all=1

23: ぶーんと飛躍するななC⊂( ●▲●)⊃ 2017/04/21(金)04:47:08 ID:A1I

>>4
緒方やタクローはコメント内容やブログから見ても語彙が足りなかったり表現の仕方が下手だから東出の存在大きいんやろな

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1492669011/続きを読む

記事引用元
“生涯赤ヘル”の東出輝裕が、カープV2打線の立役者!カープ暗黒時代の苦労人が、コーチとして花咲かせる



【プロ野球】広島・緒方監督が2度の誤審にブチ切れ 退場! 広島vsDeNA 4月19日



広島カープの緒方孝市督が4月19日のDeNA戦で2度の誤審に猛抗議し、退場となった。

まずは3点を追う6回、1死で田中が遊ゴロ。送球よりも一足早く一塁を駆け抜けたが、判定はアウト。ここで緒方監督が猛抗議したが、判定は覆らなかった。

 続く7回にも2死一、二塁の場面で小窪が遊ゴロ。一塁へ気迫十分のヘッドスライディングで飛び込んだ。こちらもタイミングはセーフだったが、まさかのアウト判定。

 2度の誤審に緒方監督はブチ切れ。審判への暴言で退場処分となった。・・・続きはこちら⇒【プロ野球】広島・緒方監督が2度の誤審にブチ切れ 退場! 広島vsDeNA 4月19日

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

[9/11]公式戦 C0-8G 塹江プロ初登板も6失点KO 打線は無得点に終わりカープ連勝は5でストップ
わいが贔屓目なしで来期の広島のローテーション勝ち数予想した
広島カープ“全裸”温泉写真2016!湯布院リハビリキャンプで主力18人が英気を養う
【カープ実況】黒田博樹、倉と廣瀬の引退試合で花道を飾る【広島-ヤクルト 25回戦/マツダスタジアム/13:30~】
noimage
カープ新井さん、現在通算安打2118本 偉業に挑む
弱かった頃のカープ、横浜の思い出wwwww
noimage
黒田・新井って今年カープが優勝したら引退するのかな?
【朗報】広島ジョンソン、トレーニング再開
noimage
【急募】セリーグ集合「横浜が逆転日本一になる方法を教えて」
カープ赤松「(胃がんと)闘う姿を見せることが使命」手術後、マツダで初練習
広島バティスタ、10号ホームラン!わずか104打席で「2桁本塁打」到達!!
広島カープ「歴代最高のショート」ベスト8wwwww

Menu

HOME

TOP